児相の当直、家追われた女児追い返す「警察に相談して」

▼記事によると…

・神戸市こども家庭センター(児童相談所、同市中央区)に10日午前3時ごろ訪れ、「家を追い出された」と訴えた小学6年の女児に、センターの当直業務を委託されていたNPO法人の男性職員が「警察に相談して」と伝え、追い返していたことがわかった。

センターが18日に明らかにした。女児はその後、近くの交番を訪ねて保護された。

・職員はセンターの調査に「女児の見た目や言動から、緊急性を感じられなかった」という趣旨の説明をしたという。

・センターの担当者は「(女児は)助けを求めていたのに、男性職員の対応は不適切だった。再発防止に向け、職員らにはマニュアルの徹底を指導した」と話した。

2020年2月18日 23時07分
https://www.asahi.com/articles/ASN2L7KN7N2LPIHB029.html
>>『朝日新聞』のご購読お申し込みはこちら

児童相談所


日本での児童相談所(じどうそうだんじょ)は、児童福祉法第12条に基づき、各都道府県に設けられた児童福祉の専門機関。児相と略称される。すべての都道府県および政令指定都市(2006年4月から、中核市にも設置できるようになった)に最低1以上の児童相談所が設置されており、都道府県によってはその規模や地理的状況に応じて複数の児童相談所およびその支所を設置している。
児童相談所 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

深夜3時に小学6年女児が児相のインターホンを鳴らす、その事実だけで異常性や緊急性を感じられないようだったら、児相にいてはいけません。

やっぱりNPOダメじゃない

子どもがどんな思いで児相に行ったと思ってるんだろう。NPOに委託していることも、責任の所在を曖昧にするのでは。緊急性の見極めは難しいのかも知れないが、夜中なのにその子をひとりで追い返すことがもう😭

残念ながらこれが現実です。児童相談所は24時間営業でも無く、夜に居る職員は「民間委託された素人」です。だから私はSOSに接すると、警察を勧めます。児童相談所は人手不足であり規模不足です

それにしても、酷すぎる対応だ。😠担当者の主観的判断はどうでもいい、せめてマニュアル通りにやって頂きたい。「きちんと仕事せんか、コラ!」と言いたい。

自分がしている仕事が何か分からない。

すぐ近くに交番があってほんとよかったよ😢誘拐されたらどうするつもりだったんだろうか

みんなのコメント

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事