「どの程度の体調不良なら会社を休む?」出社基準の実態を調査

▼記事によると…

・ワークポートは2月18日、全国の転職希望者を対象とした「職場の感染症対策」に関する調査結果を発表した。調査期間は2020年2月3~10日、有効回答は243人。

○過半数が38℃以上の高熱が出なければ出社すると回答

・体調が悪くても無理をして出社したことが「ある」人は83.1%。平熱が36.0℃と仮定し、どの程度の体調不良ならば会社を休む判断をするか質問したところ、「38℃の高熱が出た」が最も多く53.5%。次いで「37℃の微熱が出た」が21.0%、「発熱していないが、悪寒や倦怠感がある」が14.8%、「39℃以上の高熱が出た」が5.8%、「休まない」が4.9%と続き、60%以上が38℃以上の高熱が出なければ会社を休まない、またはそもそも会社を休まないと回答した。

・理由を問うと「休日である人が出勤することになり迷惑をかける」など、人手不足や代わりの人がいないなどの声が多く寄せられた。

2020年2月18日 16時0分
https://news.livedoor.com/article/detail/17835759/

転職支援のワークポート


転職コンシェルジュが転職をサポート。 各業界の豊富な求人数をご用意。費用はもちろん無料です。求人紹介から面接対策、書類作成のアドバイスなど、あなたの転職活動が成功するためのお手伝い。専門コンシェルジュが担当・無料転職相談サービス。
転職支援のワークポート | 各業界専門の転職エージェント‎

twitterの反応

▼ネット上のコメント

日本はいつまで経っても昭和です。

インフルエンザでも出社させられる旦那の会社

人に迷惑かけるより自分がしんどい思いする方がマシ。人にうつす系は休むけど、、、。

本当に日本は1回滅んだ方がいい。

昭和の弊害

こういう人間がいるから毎年インフルが流行るんだよ💢

これが現実。

みんなのコメント

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事