死者1万人超「米国インフル猛威」は新型コロナかもしれない 自己申告の「感染者」の本当の病名

▼記事によると…

・米国で季節性インフルエンザが猛威をふるい、患者は2600万人以上、死者は約1万4000人にのぼっている。だが、一連の情報を発表してきた米疾病対策センター(CDC)が「インフル症状だった人に新型コロナウイルス検査をする」と発表した。麻酔科医の筒井冨美氏は、「インフル患者とされた人の中に、相当数の新型コロナ患者がいる恐れがある」という――。

(略)

2020/02/17 16:00
https://president.jp/articles/-/33051

2019新型コロナウイルスによる急性呼吸器疾患


2019新型コロナウイルスによる急性呼吸器疾患(にせんじゅうきゅうしんがたころなういるすによるきゅうせいこきゅうきしっかん、英語: 2019-nCoV acute respiratory disease、COVID-19)は、2019年新型コロナウイルス(2019-nCoV)によって発症するウイルス性呼吸器疾患である。人獣共通感染症であり、2019年12月から中華人民共和国湖北省武漢市を感染源とした流行が拡大した際に初めて検出され、新興感染症となった。英語名の 2019-nCoV acute respiratory disease は、世界保健機関(WHO)によって暫定的に命名されたものである。症状として、発熱、乾いた咳、呼吸困難などがある。
2020年2月現在、確立された治療法はなく、症状の緩和や心肺機能の温存に焦点が当てられて治療されている。
2019新型コロナウイルスによる急性呼吸器疾患 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

アメリカの高額な医療費や学費をみると、日本人で良かったと思う。

新型だったらヤバイな

俺らは知ってた

これ可能性高いね

医学界がざわつき始めたら 何かがはじまる予兆

日本も同じようなものだろ

アメリカは医療費高いから、検査に行かない人多くて蔓延しそう

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事