立憲民主党大会、政権交代へ決意も野党合流決裂の余波 代表選規則は先送り

▼記事によると…

・次期衆院選を「政治の大きな転換点」と位置付け、独自候補の擁立作業や主要野党との選挙区調整を急ぐ方針を盛り込んだ。

・「強くつながった野党の連携で問題点を炙りだし、世論とつながっていけば(安倍晋三)政権を追い詰めることができる。政権交代に向かう一つの柱は国会での連携と共闘だ」

枝野氏は党大会で、野党共闘の重要性をあらためて強調した。

2020.2.16 18:59
https://www.sankei.com/politics/news/200216/plt2002160010-n1.html
>>『産経新聞』のご購読お申し込みはこちら

枝野幸男 プロフィール


枝野 幸男は、日本の政治家、弁護士。立憲民主党所属の衆議院議員、立憲民主党代表。 旧民主党政策調査会長、民主党政策調査会長、民主党幹事長、内閣府特命担当大臣、内閣官房長官、内閣府特命担当大臣、経済産業大臣、内閣府特命担当大臣、民進党幹事長などを歴任。
生年月日:1964年5月31日 (年齢 55歳)
枝野幸男 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

前科があるのでもうやめたほうがいいですよ。議員資質もないこと露呈してます

やっぱり口先だけ。一度敵認識したらとことん避ける。大体野党が大人数になったところで、国と国民に資する政治が出来なければ、直ぐ見限られるし、もう一度馬脚表してるのだから何やっても無理。

支持率が6%しかない党の党首が、何を言っているのでしょう。笑われるだけです。

なのに、あの金髪?呼んだの??

そんなレベルでは、二度と政権は取れない。妄想もココまで来れば楽しそうだ。一般人には無理だな。

興味ないね笑笑

野党がいくら結束しても、直ぐ空中分解するのじゃないの?

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認