立民・枝野氏、共産は「暴力革命変更なし」との首相答弁を批判

▼記事によると…

・立憲民主党の枝野幸男代表は16日の記者会見で、安倍晋三首相が共産党について「暴力革命の方針に変更はない」と述べた国会答弁を批判した。

「首相の過日の衆院本会議での発言は、明らかに公党に対する発言として問題だ」と語った。

2020.2.16 19:13
https://www.sankei.com/politics/news/200216/plt2002160011-n1.html
>>『産経新聞』のご購読お申し込みはこちら

枝野幸男 プロフィール


枝野 幸男は、日本の政治家、弁護士。立憲民主党所属の衆議院議員、立憲民主党代表。 旧民主党政策調査会長、民主党政策調査会長、民主党幹事長、内閣府特命担当大臣、内閣官房長官、内閣府特命担当大臣、経済産業大臣、内閣府特命担当大臣、民進党幹事長などを歴任。
生年月日:1964年5月31日 (年齢 55歳)
枝野幸男 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

共産党を擁護するまで落ちぶれたフルアーマー革マル

と革マル派が言う。。。

元 革マル派が何言っているんだ・・

『不都合な事実』を暴露されたからって、なんでも批判すりゃいいってもんじゃね~ぞ

革マルから献金受けている枝野が何を言っても。

これだから立憲も信用されないのだ。

革マルから献金受けてた人に批判されてもなあ…またこれで首相と枝野代表の対立基軸が出てくるなあ

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事