新型肺炎、アフリカ大陸で初=エジプトで感染者

▼記事によると…

・エジプト保健・人口省は14日、新型コロナウイルス感染者がエジプトで確認されたと発表した。

アフリカ大陸で初めてとなる。感染者は外国人と説明しているが、国籍など詳細には触れていない。声明を出し「感染拡大を防ぐ措置を取った。感染者は隔離され経過観察を続けている。症状はなく体調も安定している」と説明した。

エジプト政府によると、感染者と直接接触した人々への検査では新たな感染は見つからなかった。

2020年2月15日 6時18分
https://news.livedoor.com/article/detail/17820086/

エジプト


エジプトは中東と北東アフリカの接点にあり、その歴史はファラオの時代にまでさかのぼります。ギザの見事なピラミッドや巨大なスフィンクス、ルクソールの象形文字が彫られたカルナック神殿、王家の谷のファラオの墓など、数千年前の史跡が肥沃なナイル川に沿って点在しています。首都カイロには、ムハンマド・アリー・モスクや古美術品の宝庫であるエジプト考古学博物館など、オスマン帝国時代の建物があります。
エジプト - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

というかWHOって何の為にあるにゃ?

さすが人工ウイルス

おぞましい

第三世界の医療と衛生観念に拡散したら手の施し様が無いぞ

アフリカに入ったらもう止められないぞ

先進諸国で拡大止められてない現状 アフリカは本当にやばそう

ついに。。ああ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事