新型肺炎 和歌山で新たに感染確認 高齢男性、重症 医師感染の病院患者

▼記事によると…

・新型コロナウイルスによる感染症で、和歌山県の高齢男性の感染が新たに確認されたことが県などへの取材で明らかになった。

13日に感染が判明した50代の男性外科医が勤務する「済生会有田病院」(同県湯浅町)の患者で、現在は別の病院に入院しているが、重症という。

2020年2月14日 9時2分
https://news.livedoor.com/article/detail/17815008/

2019新型コロナウイルスによる急性呼吸器疾患


2019新型コロナウイルスによる急性呼吸器疾患(にせんじゅうきゅうしんがたころなういるすによるきゅうせいこきゅうきしっかん、英語: 2019-nCoV acute respiratory disease、COVID-19)は、2019年新型コロナウイルス(2019-nCoV)によって発症するウイルス性呼吸器疾患である。人獣共通感染症であり、2019年12月から中華人民共和国湖北省武漢市を感染源とした流行が拡大した際に初めて検出され、新興感染症となった。英語名の 2019-nCoV acute respiratory disease は、世界保健機関(WHO)によって暫定的に命名されたものである。症状として、発熱、乾いた咳、呼吸困難などがある。
2020年2月現在、確立された治療法はなく、症状の緩和や心肺機能の温存に焦点が当てられて治療されている。
2019新型コロナウイルスによる急性呼吸器疾患 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

確定診断していないケースが果たしてどのくらいあるのか。

この医師がどこで感染したか...それがわからないのが本当に怖い。

もう追跡不能 1〜2週間後には、日本も中国武漢のように広まり修羅場になりますね

パンデミックおそろしや。

院内感染か.

あああ、患者さんにも…。しかも重症って…(>_<)

この患者から医師にうつった可能性もあるな…

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認