崎陽軒クルーズ船に寄付のシウマイ弁当乗客に届かず

▼記事によると…

・横浜市の崎陽軒が12日、乗客が新型コロナウイルスに感染し、同市の大黒ふ頭に接岸中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」に寄付した「シウマイ弁当」4000食が、いまだ乗客に提供されていないことが13日、分かった。

・崎陽軒によると「不自由な状況の乗客、頑張っているスタッフを励ましたい。協力したい」という思いから、最初は横浜市港湾局に相談したという。ただ、通関の関係から、港湾局と船との間で荷物の積み込みなどを調整する代理店があり、当該代理店との交渉の結果、12日の昼食向けに提供することになったという。

・代理店と調整した結果、納品時間は午前10時、提供するシウマイ弁当の数は乗客、乗員分3800食、支援活動をする医療スタッフ、自衛隊分200食の合わせて4000食と決まった。崎陽軒は配送車で大黒ふ頭に午前10時前には到着し、接岸する船にシウマイ弁当を納品と、決められたとおりに行動。同11時までには船への搬入も済ませたという。

・12日に寄付されたシウマイ弁当の消費期限は同日午後4時だったため、消費期限を過ぎての提供は困難だ。シウマイ弁当は1食860円(税込み)で、提供された4000食は344万円相当だった。
2020年2月13日10時49分
https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/202002130000216.html

崎陽軒


株式会社 崎陽軒は、神奈川県横浜市西区に本社を置く、主に焼売の製造販売ならびにレストラン経営を行う企業である。 横浜名物のシウマイ、駅弁の「シウマイ弁当」を製造、販売していることで知られる。また、中華料理店やイタリア料理店、シウマイBARといった飲食店も経営している。
崎陽軒 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

シンプルな4000食のシウマイ弁当すら届けられないなら、それより遥かに複雑な個々人の処方薬などオンタイムに届きようもない。

震災の時に物資が届いてるのになぜか配給されずに倉庫に積まれてたシーンを思い出した。。

これは 崎陽軒のシウマイ弁当を買って食べて崎陽軒支援するしかない‼️

なぜ起きたのか時系列で整理してほしいね。結果だけ聞いても勿体ないという感想しか出ない。

ひどすぎる。崎陽軒さん、しょげないで。お弁当買いに行きますから。

えーっ!なんてこと!せっかく作ったのにもったいない。ぜひ乗船されている方皆様に食べて欲しかったです。本当に美味しいので。

そういうことだったのか。切ないなあ。崎陽軒は400万円の寄付をしたけど、企業イメージ向上はそれ以上の効果があったと思うぞ。

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認