出頭要請の“ロシアスパイ”日本を出国 ソフトバンク元社員 情報漏えい

▼記事によると…

・ソフトバンク元社員によるロシアへの情報漏えい事件

・情報を受け取ったスパイとみられる在日ロシア通商代表部のアントン・カリーニン代表代理(52)が、警視庁公安部からの出頭要請に応じず、10日にモスクワ行きの便へ乗り込んだ

・カリーニン代表代理は、ロシアの諜報機関「SVR(対外情報局)」のスパイとされ、ソフトバンクの統括部長だった荒木豊容疑者から、機密情報を受け取っていたとみられている

・カリーニン代表代理は外交官の不逮捕特権を持っている

2020年2月11日 火曜 午前0:32
https://www.fnn.jp/posts/00431895CX/202002110032_CX_CX

ソフトバンクグループ


ソフトバンクグループ株式会社は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く持株会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 固定電話やインターネットに関わるインフラ事業やインターネット・カルチャー事業がある。
ソフトバンクグループ - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

拘束する法律がないからな 法律作ろうにも近隣諸国のスパイ議員がたくさんいるから作れないという現実。困ったもんだ

スパイ防止法ができても外交特権ある人がだいたい諜報やってるか意味がない

マスクのサイズ感ww

ダメだろ、これは。

ロシアのスパイはスパイ感ありすぎ

これ、野党とマスコミが潰したスパイ防止法が施行されてたら身柄押さえられたのかな…

いや、捕まえろよ

みんなのコメント

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認