T・レックスの近縁恐竜「死に神」 カナダで化石発見

▼記事によると…

・カナダで、T・レックスと近縁関係にある新種の恐竜の化石が発見された

・この新種の恐竜は、約8000万年前に北米大陸の平原地帯をかっ歩していたそう

・全長8m前後に達したとされ、ギリシャ語で「死に神」の意味の名が与えられた

2020年2月11日 9時4分
https://news.livedoor.com/article/detail/17799455/

ティラノサウルス


ティラノサウルスは、約6,800万- 約6,600万年前の北アメリカ大陸に生息していた肉食恐竜。大型獣脚類の1属である。他に「ティランノサウルス」「チラノサウルス」「タイラノサウルス」など数多くある呼称については第一項にて詳しく述べる。
ティラノサウルス - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

厨二ホイホイですやん

アンジャナフ

ちょっと厨二感あってすき

羽毛フサフサ説は覆ったんでしたっけ モフモフの死神とかちょっとね・・

中二病の臭いがする

かっこいい

名前がかっこよすぎる

みんなのコメント

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事