「飯テロ」という言葉がある。美味しそうな食べ物の画像や映像で、見る者を空腹地獄に突き落とす悪魔の所業である。そろそろ国が規制すべき害悪な行為ではないか。と思ったが、すまん、私(あひるねこ)も今から「飯テロ」を行うことを宣言する。

その内容は、飯テロの中でも一二を争う破壊力を持つラーメンだ。どうだ、恐ろしいだろう。Amazonラーメン部門で堂々1位に輝く『熊本もっこすラーメン』。インスタントなのだが、決して侮るなかれ。下手な店で食べるよりマジで本格的なのだ。さあ、悶えるがいい!

・1個120円しない『熊本もっこすラーメン』

『熊本もっこすラーメン』は、熊本県に本社がある「五木食品」から発売されているインスタントラーメンだ。今回初めて知ったのだが、その人気は本物。Amazonのラーメン部門では、『カップヌードル』や『チキンラーメン』などの定番商品を抑え1位となっている。さっそく注文してみたぞ。

1人前の袋が10個入りで、Amazonにて税込1187円(2016年2月16日現在)。1個あたり120円しないので特に高い印象はないな。鍋で茹でる乾麺タイプで、液体スープが付いている。ここまではごく普通のインスタントラーメンだ。

・マー油の香りがたまらない

鍋にお湯を沸かして麺をそぉい! 2分半茹でたら、火を止めて液体スープを鍋にそぉい!! よっしゃ完成だ。はえーーっ! 鍋の中で麺を混ぜ混ぜすると、豚骨スープとマー油のいい香りがあたりに広がる。この時点で、私の “これ絶対ウマいやろセンサー” が激しく反応するのを感じた。

・より完璧にしてみた

このままズズッとすすってしまいたい……。が、その衝動をぐっと抑え、このウマそうなラーメンをさらにウマそうにしてみよう。チャーシュー、煮卵、ネギ、キクラゲを贅沢にトッピングだ。完成したラーメンの姿を見た私は戦慄を覚えた。匂い、ルックス、オーラ。これではまるで店のラーメンではないか!

・インスタントのレベルじゃねぇぇぇ!

いよいよだ……。ズズズッと麺をすすると、予感は確信へと変わった。これは、ウマすぎる! 誇張は一切なし。インスタント感ゼロの本格的なラーメンだ。濃厚なスープは豚骨特有の臭みをまるで感じさせず、ニンニクとマー油の風味が食欲をくすぐる。

麺は、一般的な中太麺と博多ラーメン的な細麺の中間くらいの太さ。しっかりとコシがあり滑らかで、インスタントとは思えないレベルだ。

・現時点でベスト

個人的には、微妙な店で食べるよりも遥かに美味しいと感じた。今は良質なインスタントラーメンがいろいろ発売されているが、私が今まで食べたものの中では現時点でベストかもしれないぞ。さて、この記事を読んで悶絶してしまったあなた。大変申し訳ない。飯テロが成功したところで、私は失礼しよう。アディオス!

参考リンク:Amazon『熊本もっこすラーメン 123g×10個』、五木食品
Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.
★こちらもどうぞ → シリーズ「Amazonベストセラー検証」

画像をもっと見る

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

ランキングに参加しています!
↓↓↓

Twitterで速報を受け取る

アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事