中国「新型肺炎、飛沫・接触のほかエアロゾル通じた感染可能」

▼記事によると…

・新型コロナウイルによる肺炎が飛沫や接触だけでなくエアロゾル(空気中に浮遊する微粒子)形態でも感染するという主張が中国から出た。

・続けて予防と関連し、「一切の社会活動関連の会合を取り消すべき。新型肺炎状況が激しい地域の知人や友人が訪ねてこようとする場合には止めるべきで、窓を開け頻繁に換気すべき」と話した。

・また「ドアノブや机とイス、便座などを75%のエタノールなどでふいて消毒すべき。手をきれいに洗い、せきをする時に口と鼻をふさぐなど個人衛生も徹底しなければならない」と呼び掛けた。

2020年2月9日 10時59分
https://news.livedoor.com/article/detail/17790801/

エアロゾル


エアロゾル とは、化学上は、分散相が固体または液体またはその両方であり、連続相が気体であるゾルであると定義されている。一方、化学品の分類および表示に関する世界調和システムGHSでは、Aerosols の定義はエアゾール噴霧器のことである。 この記事では化学上の"エアロゾル"を扱う。
エアロゾル - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

状況がどんどん悪くなってる。防ぎようがないね!これが日本でも認められると、都会人どうするんだろう?ますますマスク買えない。この田舎ですら、マスク無い!

全く動かない日本政府。もはや民意は反映されない。各国の大使館に働きかけはできないだろうか

エアロゾルで感染はヤバイ。思ってる以上に厄介なウイルス。だとしたら、都市圏で爆発的に増える可能性がある。地方はまだ安心か?

怖すぎる。ここまでなったのはすべて春節前に行動を起こさなかった政府のせい!自分達は、買わなくてもマスクも除菌スプレーも用意され、全く苦労してない。感染しても個室の広い病室。まじで怒りしかない。

遂に中国側も認め始めたんですね。

これが事実なら4月の周主席の来日は取り止めた方が賢明だ!

よくもまあ、こんなんで人から人へはうつらないとか言ってたよな。医療知識がない一般人でも、この広がりは普通じゃねえだろ?ってネットでも言われてたのにさ。WHOの反応も鈍すぎるし、日本政府ももっとしっかり対処してくれよ。

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事