「日本は甘すぎる」新型肺炎対策に米軍関係者が苦言

▼記事によると…

・警察や軍関係の内部事情に詳しい人物、通称・ブラックテリア氏が、関係者の証言から得た警官の日常や刑事の捜査活動などにおける驚くべき真実を明かすシリーズ。今回は新型肺炎への日本の対応に、米軍関係者が苦言を呈する。

新型コロナウイルスが蔓延する湖北省武漢から政府チャーター機で人々が帰国する中、政府の対応のまずさがあらわになっている。検査を拒否した帰国者を帰宅させてしまい、用意した施設は個室が足りず、相部屋になった人の中から感染者が出てしまった。

「あの対応は隔離の定義から外れている。隔離は個々別々が基本中の基本。日本の政府も行政も隔離の定義が甘すぎる」

感染対策などに詳しい米軍関係者は厳しい一言を発した。批判されるのも無理はない。米国も政府チャーター機で武漢から自国民を帰国させたが、その対応は日本とかなり異なっている。

2/9(日) 7:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200209-00000011-pseven-soci

コロナウイルス


コロナウイルスは、一本鎖RNAウイルスのニドウイルス目のコロナウイルス科のウイルスをさし、コロナウイルス亜科、トロウイルス亜科を含む。 エンベロープ表面に存在する突起によって太陽のコロナのような外観を持つことからこの名が付いた。 ウイルスの増殖は細胞質内で行われ、小胞体やゴルジ装置から出芽する。
コロナウイルス - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

アメリカに言われなきゃ分からんのかねえ。

アメリカの医療の方が甘いわ。インフルエンザごときであんな死者数はないだろ。

医療費が高くて病院にかかれないからでしょ。

甘い、のは確かにそうだと思う。

実際関係者ってだれ?名前と役職を

インフルエンザ大国のアメリカに言われたくないですね。マスクを着用しないアメリカの方が甘すぎる。

尽くせる手がある以上、済んだことに固執せず、今からできることを即座に対応してほしいものです。

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事