収入手厚く…男性の育休取得、背中押す政府 少子化阻止に危機感

▼記事によると…

・安倍晋三首相は少子化を「国難」と位置づけ、幼児教育・保育の無償化や待機児童の解消策など、女性の就労機会の増加に合わせ、仕事と育児が両立しやすい環境づくりを進めてきた。

それでも、少子化が改善する気配はみえない。母親に育児の負担が集中する傾向が根強いことが一因とみられ、政府関係者は「相当思い切ったことが必要だ」と話す。政府は男性の育休取得を増やして育児や家事での男女差を縮め、女性の負担軽減を急ぐ考えだ。

首相は今国会で「希望出生率1・8の実現を目指し、少子化社会対策大綱に目標実現に向けた道筋を示す」と表明した。首相の覚悟が厳しく問われている。

2020.2.8 20:38
https://www.sankei.com/politics/news/200208/plt2002080014-n1.html
>>『産経新聞』のご購読お申し込みはこちら

安倍晋三 プロフィール


安倍 晋三は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員、第90代・第96代・第97代・第98代内閣総理大臣、第21代・第25代自由民主党総裁。自由民主党幹事長、内閣官房長官を歴任した。
生年月日:1954年9月21日 (年齢 65歳)
安倍晋三 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

国家ビジョンがないからダメなんだよ。

父ちゃんが元気に毎日働いたら家族4人くらい養える給料出してから言えよ。

【増え続ける生活コスト】日本政府も日本国民全体も一昔前の生活コストと現役子育て世代では消費税や復興税と様々な増税に介護保険料負担やスマホ・ネット等生活コストが上がっても給与は上がらず手取り収入が増えていない事を認め子育て助成しなければ少子化は防げないと素直に認めるべき時だと思う。

若い人が貧乏なだけでしょ 老人にばかりお金供給するから

5人子育て中ですが、旦那に長期育児休暇より、用事がある時や夕方以降早く帰って来てくれたら嬉しいのでその辺時間融通効くような働き方改革が進んで欲しい。子供は可愛いので何人でも産みたいですが仕事してると職場に気を使うので働かなくても済む子育て手当があれば嬉しい

結婚者数の減少じゃないかな?薄給で結婚しよう。とは思わない。

時代に逆行と言われるかも知れないけど、私だったら専業主婦として家事と子育て出来る環境が欲しいな。

みんなのコメント

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認