大阪「正論」懇話会、織田邦男元空将が講演「新型肺炎、空自機で邦人患者保護を」

▼記事によると…

・大阪「正論」懇話会の第58回講演会が7日、大阪市北区のウェスティンホテル大阪で開かれ、元空将で国家戦略研究所所長の織田(おりた)邦男氏が「混迷する東アジア情勢と日本の選択」と題し講演。

・織田氏は、新型コロナウイルスによる肺炎の拡大を受け、政府が中国・武漢から民間チャーター機で邦人帰国を進めていることに触れ「病状が重篤で帰国できずにいる邦人がいる。医官が乗務し“空飛ぶ集中治療室”といわれる航空自衛隊の航空機動衛生隊をなぜ使わないのか」と訴えた。

さらに、中国政府が自衛隊機を受け入れるには高度な政治判断が必要だとして「国家は国民を守る責務がある。安倍晋三首相から、習近平国家主席に直接要求するしかない」と述べた。

2020.2.7 18:02
https://www.sankei.com/west/news/200207/wst2002070022-n1.html
>>『産経新聞』のご購読お申し込みはこちら

織田邦男 プロフィール


織田 邦男は評論家。東洋学園大学客員教授。国家戦略研究所所長。元空将。
生年月日:1952年1月19日 (年齢 68歳)
織田邦男 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

飛ばすことだけなら政府も簡単にできるでしょう。相手国の了承は?中国政府は渡航時点の感染者の国外退去は許可していません。費用は?政府の国税か個人?取り決めなく動かせません。

交渉次第ですけどね……

そりゃあ中国が許さないでしょうよ

中国側が自衛隊機を許可しないでしょうね。

なぜ使えないのか考えてみて、っていう投げ掛けか?

ご冗談でしょうファインマンの世界。そんなことしたら左翼が「アジア侵略だ」と騒ぎだす

確か聞いた話では軍用機での領空侵入が駄目なのではなかったのでしょうか。だから各国全て民間チャーターを手配した筈では…。

みんなのコメント

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認