望月記者ツイートの削除要請に東京新聞「回答差し控える」 「臆測」放置のまま

▼記事によると…

・東京新聞の望月衣塑子氏が自身のツイッターで官房長官担当の記者について事実に反する情報を発信した問題で、東京新聞編集局は6日夜、「望月氏に削除に応じていただけますか」との毎日新聞の長官担当記者の質問に対して「望月個人のアカウントによるツイートであり、回答を差し控えます」と書面で答えた。

望月氏本人は5日、毎日新聞側の削除要請に対して「会社を通じてください」と述べていたが、「会社」を通じても削除するか否かについて回答は得られなかった。

東京新聞編集局は、回答文書の中で「なお、本人がその後、『<内々で決めた>との情報だったが、実際は、私の抗議以降#菅官房長官側が激怒し、番記者が指名を促しづらい状況に追い込まれているようだ』と、当初の内容を修正するツイートをしています」と述べた。望月氏のアカウントには、元のツイートが「修正」後も残っており、他のユーザーに次々と引用されていた。

2020年2月7日 06時30分
https://mainichi.jp/articles/20200207/k00/00m/010/005000c
>>『毎日新聞』のご購読お申し込みはこちら

望月衣塑子 プロフィール


望月 衣塑子は、中日新聞社の社員。2018年10月現在、東京本社社会部記者。
生年月日:1975年 (年齢 45歳)
望月衣塑子 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

個人のアカウントだから知らんって、コンプライアンスどうなってんのよ

この忙しい時に 内ゲバかよ。

内輪揉めですか、(笑)

おっ内ゲバか、どっちも潰れるまでやれー。

実名まで出して当該記者の批判記事。しかも毎日新聞。相当問題があるのだろう。同業者からも嫌われてそう。

そのうち退社して立憲から立候補するのでは❓立憲も欲しいでしょう

じゃあ官房長官も回答差し控えるで解決じゃん。毎日新聞グッジョブ。

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認