ふわふわさんのツイート

超簡単に例えるぞ

1ヶ月で300万円稼ぐ企業があったとする。その企業では月給30万円の人材10人を雇用している。

ある日、政府が「これから最低月給を50万円にします」と言ったら。4人解雇しなくてはならないし、6人しか雇えない。

これをやろうとしているのが”れいわ新選組”で、実際にやった国が韓国。

れいわ新選組


れいわ新選組とは、日本の政党。山本太郎が、2019年4月1日に設立した。 党名は新元号として「令和」が発表された日に届け出た事と、幕末に活動した新撰組に由来するが、「新撰組」でなく「新選組」としたことは「新しい時代に新しく選ばれる政党になるため」と説明している。
れいわ新選組 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

れいわ信者の単純な脳で有ればこの説明で完璧です。細かい所が目に付く説明だと言う人は一々反応せずれいわ信者はこのレベルだと理解して頂ければよろしいかと思います。

そういう場合企業に国が支援するのが普通 韓国はそれをやらなかった やり方次第

足りない4人分は国が補填。と言うが結局は税金。10人分の税金で不足分の給料を補わないといけない。消費税廃止で税収が減るのにこのお金を何処から持ってくるのだろうか?まさか民主党の様に埋蔵金を発掘するつもりだろうか?

さらに時給を上げる根拠として「日本より経済規模の小さいフランスの方時給が高い」といった事を言っていますが、何故か「フランスが日本より失業率が高い」という事に関しては無視するんですよね。不思議です。

に…日本企業には内部保留があるから…

ここ30年庶民の給料が上がっていないの日本だけだって知ってます?

最近の政治家は、いろいろと間違えますね。(わざと?)

みんなのコメント

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事