中国・大理市が輸送途中のマスク30万枚緊急徴用 購入した重慶市が返却要求 新型肺炎

▼記事によると…

・新型コロナウイルスによる肺炎対策を巡り、大理石の産地として知られる中国雲南省大理市が、重慶市が購入し、輸送される途中のマスク30万枚を緊急徴用したことが明らかになった。大切なマスクを奪われた形の重慶市は「感染防止のための緊急物資なのに」と返却を要求。

中国では感染が全土に拡大し、マスク不足が日に日に深刻化。中国国内のインターネット上には「(新型肺炎の発生地である)湖北省に隣接し、感染者が300人以上いる重慶市のマスクを、7人しか感染者が出ていない大理市が奪うなど民族の恥だ」と批判が噴出。

報道によると、マスク30万枚は重慶市の新型肺炎対策本部がミャンマー企業から購入。ミャンマー国境沿いの雲南省瑞麗市から宅配業者が省内を通って重慶市に向かって運んでいた。

2020年2月6日 17時02分
https://mainichi.jp/articles/20200206/k00/00m/030/151000c
>>『毎日新聞』のご購読お申し込みはこちら

大理市


大理市は中華人民共和国雲南省大理ペー族自治州に位置する県級市。
標高: 1,975 m
大理市 - Wikipedia

重慶市


重慶市は中国南西部、長江と嘉陵江の合流点にある広大な直轄市です。中心部に位置するドーム型の大きな人民大礼堂は、歩行者専用の人民広場に立っています。広場の反対側にある三峡博物館には、三峡ダムの建設に関する展示だけでなく、古代美術の展示もあります。
総人口(2017): 3022 万人
重慶市 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

マスクの乱

同じ国の中で何やってんの😱

この事で学ぶべき事は手段を選ばないと言う事。何らかの危機が起きた時に軍事力を使うハードルの高さも同様だと言う事です。

徴用とか戦時中なのか?

マスクは本当に必要な人の元へ届いて欲しいですね。買い占め対策として卸も制限付けて販売して欲しいです

なんなんこの国ww不謹慎と言われても笑うしかないやろ……

まさか自治体レベルで奪い合いとは

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認