【新型肺炎】テドロスWHO事務局長が加盟国に約740億円の資金支援を要求

▼記事によると…

・世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は5日、肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの感染拡大に対応するために、加盟国に今後3カ月間で6億7500万ドル(約740億円)の資金支援を要求。

WHOによると、資金は主に、医療・保健制度が整っておらず、新型肺炎の実態把握が遅れている途上国を支援するために使用する。アフリカなどの途上国では、新型肺炎の診断が十分に行われていないことから、感染拡大が懸念されていた。テドロス氏は5日、記者会見で「国際社会は今、(新型肺炎の対策に)投資しなければ、後でより多くの代償を払うことになる」と警告。

一方、テドロス氏は会見で、英外務省が4日に中国本土に滞在している英国民に退避するよう勧告したことについて、「すべての国が証拠に基づいて意思決定を行うことを勧める」と慎重な判断をとるようクギを刺した。

2020.2.6 08:21
https://www.sankei.com/world/news/200206/wor2002060010-n1.html
>>『産経新聞』のご購読お申し込みはこちら

世界保健機関


世界保健機関は、人間の健康を基本的人権の一つと捉え、その達成を目的として設立された国際連合の専門機関である。 1948年設立。本部はスイス・ジュネーヴ。設立日である4月7日は、世界保健デーになっている。
代表: テドロス・アダノム
世界保健機関 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

今のWHOは信用出来ない。

これは中国が全額負担すべき!!!!!

ん?パンデミックにならないとWHOが言ってたけど矛盾してね?あと予算明細プリーズ。

出さないで各国、自国防衛の為に使いましょうよ。

チャイナ政府に過剰に忖度をするWHOの主導では効果は期待できない。

なんで被害者である加盟国が出さないといけないの?

日本政府はこれに同調しないことを期待する

みんなのコメント

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事