中間管理職の6割が「働き方改革で負担が増えた」と実感 「部下を帰すために残業が増えた」「事務作業を依頼しにくくなった」

▼記事によると…

・「働き方改革のストレス」に関する調査で中間管理職1122人から回答を得た。

働き方改革の進捗状況を聞くと、6割以上の人が「働き方改革が進んでいる」(65.2%)と回答した。具体的な取り組みについては「残業時間の制限」(71%)という回答が最多。次いで「有給消化の促進」(69.7%)、「ハラスメント防止」(38.9%)「働き手の確保」(25.6%)と続いた。

働き方改革によって生じた負担については、合わせて6割近くが「強く感じる」(18%)、「感じる」(40.6%)と回答した。負担内容の1位は「事務作業」(42%)。以降は「マネジメント業務」(36.2%)、「業務遅延への対応」(22.8%)、「顧客対応」(21.6%)と続いた。回答者からは

「部下や後輩に事務作業を依頼しにくくなった」(40代男性)
「部下を定時に帰すために自身の早出や残業が増えた」(50代男性)
「管理職に全部しわ寄せが来る」(50代女性)

といった意見が目立つ。部下に代わって残業する"身代わり残業"については、4割以上が「経験がある」(44.1%)とした。

2020/02/04 16:37
https://news.nicovideo.jp/watch/nw6545523

【わかりやすい】「働き方改革」とは。


「働き方改革」は政府の重要政策のひとつに位置づけられていて、多様な働き方を可能にする社会を目指しています。日本の人口は2008年をピークに減少に転じています。人口が減れば、労働力不足となります。この労働力不足を解消させる為、働き手を増やし、出生率を上昇させ、労働生産性を向上させる必要があります。これを実施させようとする政策が「働き方改革」です。
【わかりやすい】「働き方改革」とは。変わる5つのこと、目的・概要まとめ - Intage 知る Gallery

twitterの反応

▼ネット上のコメント

出世したら負けかなと思っている

全く逆らえない文句も言えない中間管理職だけ酷使されただけ

仕事の仕組みをほとんど変えないで残業禁止したら、中間管理職はまあそうなるよね。

中間管理職だろうが常務だろうが定時で帰ればすむ話だろ

「業務遅延への対応」←本来これが増えた負担内容の1位のはずやろ、それより「事務作業」「マネジメント業務」が上にくるってんなら、そもそもの仕事のやり方、もしくは割り振り方が間違ってたのでは?

部下への教育もおろそかにされるだろうし、ますます先細りだろうな。

定額働かせ放題にしわ寄せが来るのは当然だよね

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事