70歳就業法案を閣議決定 企業に努力義務

▼記事によると…

・政府は4日、企業に対し、従業員の70歳までの就業確保に努めるよう求める高年齢者雇用安定法などの改正案を閣議決定した。

少子高齢化が進む中、働く意欲と能力のある高齢者の労働参加を促し、社会保障の支え手拡大を図る。今通常国会で成立すれば2021年4月から施行される。

政府は企業の選択肢として、65歳までで義務化している定年の廃止や延長、雇用継続のほか、起業や社会貢献活動の支援など、自社で雇う以外の対応も容認する。

2/4(火) 8:48
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200204-00000032-jij-pol

高年齢者等の雇用の安定等に関する法律


高年齢者等の雇用の安定等に関する法律は、日本の法律である。通称高年齢者雇用安定法。
高年齢者等の雇用の安定等に関する法律 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

若者の雇用機会が減っていく

65歳ですら広まってないのに、70歳なんて広まるわけない

私は現在25歳だが、85歳くらいまで働くつもり。85歳まで働けるように日々学び、身体を鍛え、明日死んでもいいように日々を充実させていきたい

60歳以上の人の給与をガクッと下げるのはやめましょう。

高齢者の運転免許返納と逆行してて意味不明。

文句言う前に投票行こうよ

まず そんな歳まで働きたく無い

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事