自民・二階幹事長、中国を「親戚」に例え支援の意向=中国ネット「日本の友人に感謝」

▼記事によると…

・自民党の二階俊博幹事長が香港フェニックステレビの取材に応じ、中国・武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎が拡大していることについて、中国を「親戚」に例えて支援の意向を示した。28日付で新浪新聞の微博(ウェイボー)アカウント・頭条新聞が伝えた。

・二階氏は中国で感染が拡大していることについて、「親戚の人が病になったと、こういう思いで日本人はみんな思っております。中国の皆さんが一日も早く奮起をして、元気になってもらいたいと思っています」と語った。

・日本政府は武漢市に滞在している邦人を帰国させるためのチャーター便の往路で現地への支援物資を積んだ。大分市は武漢市に、水戸市は重慶市にそれぞれマスクなどの支援物資を提供。日本の民間からも中国にマスク100万枚などが送られている。

2020年1月29日(水) 17時40分
https://www.recordchina.co.jp/b777041-s0-c10-d0052.html

↓↓↓

高須院長のツイート

日本にマスクが不足してるのに・・・

中国に百万枚も😱☀️❗

高須克弥 プロフィール


高須克弥は、日本の医師。医学博士、昭和大学医学部客員教授、医療法人社団福祉会理事長、高須クリニック院長、浄土真宗僧侶。 芸能人を中心とした有名人の手術を数多く手がけた。また、格闘技K-1のリングドクターとしても活動した。国際美容外科学会会長および日本美容外科学会会長も務めた。
生年月日:1945年1月22日 (年齢 75歳)
高須克弥 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

不足というのも一般のドラッグストア等の店頭ではなく医療機関への卸で充分ではなくなってきたという点が問題です。

日本人でマスク無くて困ってる方もたくさんいるのに幹事長ともあろう方が自国民の命の安全より、中国に媚びる事を優先してるなんて世も末ですわ。。。日本に害をおよぼし続けてる中国に媚びる暇があったらまず先に日本の国民にマスク無償配布すべきだと思います。

中国に送っても、中共幹部に配布されるだけで、医療機関や一般人民には決して届かない‼️

先生、日本にマスクが不足と言うか、ある一部の人が大量に買い占めて、法外な値段でネットオークションや、ネット販売に流しているみたいなのです。本当に必要な人の手に渡るまで、儲けようとして、途中で過剰な値上げをして売っているのが許せません。

なんでこんな時も世界に向けて、良い顔しいをしないといけないんでしょう。それより国民が大事なのに

またまた出ました!!チャイナ・ファースト!!

たとえ送ったとしても、中国共産党が回収する。そして、一般国民に配られる事は無い。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認