福岡市長「非常時は中国クルーズ船の寄港を制限すべき」

▼記事によると…

・中国を中心に新型コロナウイルスによる肺炎の感染が拡大している問題で、福岡市の高島宗一郎市長は31日、記者団に対し「クルーズ船の寄港を制限するべきで、国で方向性を出してもらいたい」と述べた。

・1月30日に自身のSNSで「当面、中国本土からのクルーズ船寄港を拒否すべきと思っている」と発信したことに関連し「ヘイトスピーチを助長する心配がある」との特定の記者の質問に対し、高島氏は「大事なことは平時と有事を切り分けること。非常事態での対応で寄港停止を含めて検討することは大切だ」と反論した。

2020.1.31 18:44
https://www.sankei.com/politics/news/200131/plt2001310035-n1.html
>>『産経新聞』のご購読お申し込みはこちら

高島宗一郎 プロフィール


高島 宗一郎は、日本の政治家、アナウンサー。福岡県福岡市長。
生年月日:1974年11月1日 (年齢 45歳)
高島宗一郎 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

偉い!日本のことを真剣に考え、バシッと責任を持って言い切るこのような政治家がもっと増えて欲しいものだ

平時と有事を切り分ける。そのとおり!

素晴らしい(๑´ω`ノノ゙ぱちぱちぱち✧ そして日本のことを考えないダラ、辞めちまえ

イタリアでもやってる事ですしね。

福岡市長素晴らしい!この記者のような個人の権利を尊重し一見良い人になったつもりの輩が多すぎて最近ややこしい。大事な所では個人の人権ではない

素晴らしい😃😃😃

世界中どこでもしている対処を日本を守るためにしようとして批判する輩ってどこの国の人だよ

みんなのコメント

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事