新型肺炎「貿易・渡航制限は勧めず」 WHO会見要旨

▼記事によると…

・テドロス事務局長 新型の病気が過去にないほどの大流行につながっている。だが、中国の対応も過去にないほど素晴らしい。

中国の尽力がなければ中国国外の死者はさらに増えていただろう。中国の対応は感染症対策の新しい基準をつくったともいえる。

・この理由で緊急事態を宣言する。中国への不信感を示したわけではない。

2020/1/31 6:12
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO55073200R30C20A1000000/
>>『日本経済新聞』のご購読お申し込みはこちら

世界保健機関


世界保健機関は、人間の健康を基本的人権の一つと捉え、その達成を目的として設立された国際連合の専門機関である。 1948年設立。本部はスイス・ジュネーヴ。設立日である4月7日は、世界保健デーになっている。
代表: テドロス・アダノム
世界保健機関 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

役立たずWHO😑

????なんですかねこの組織は

そうやって、また見ない振りをする。機嫌取りもいい加減にして。

「中国への不信感を示したわけではない」こんな余計な一言を付け加える理由があるのか?

中国からいくらもらってるんだ?WHOは

chinaマネーがどっぷりと入っていない国から事務局長は選出すべき!他の国際機関のトップにも言えること。

WHOがベタ誉めの中国、感染者数はうなぎ登りの現実

PC記事したレクタングル

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事