「自衛隊明記は禍根残す」 自民・古賀元幹事長

▼記事によると…

・自民党の古賀誠元幹事長は27日、大阪市で開かれた共同通信きさらぎ会で講演し、憲法9条に自衛隊を明記する党改憲案に関し、「世論の中で議論は巻き起こってない。自衛隊を書く必要はない。書き込む方が将来に禍根を残す」と強調した。

自衛隊明記は安倍晋三首相が提起した。古賀氏は「9条は世界遺産で、絶対に守るべきだと今こそ言わなければならない。自衛隊は国際法上、既に普遍のものとして認められている」と訴えた。

2020.1.27 13:31
https://www.sankei.com/politics/news/200127/plt2001270008-n1.html
>>『産経新聞』のご購読お申し込みはこちら

古賀誠 プロフィール


古賀 誠は、日本の元政治家。 衆議院議員、運輸大臣、自民党国会対策委員長、自民党幹事長、自民党選挙対策委員長、宏池会会長、日本遺族会会長を歴任。
生年月日: 1940年8月5日 (年齢 79歳)
古賀誠 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

将来の禍根て具体的に何?

守るべきは憲法9条じゃない。守るべきは日本で、そのために憲法改正は必須🇯🇵

憲法改正は自民党の党是ではないのか。こんなのが幹事長をやってたんですから、これまで改憲の議論が進まなかったのは当然です。

共産党か立民党かと思っちゃうよね。

日本の未来を決めるのは責任を負う若者が決めるべきなのに、こういうのが日本をダメにしてきたのだと思いませんか?

平和国家という建前の元拉致被害者や竹島は取られっぱなし。負の遺産だな。

岸田さんが総理になったら古賀に義理があるから憲法改正はないな。

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事