「世界的にも高リスク」 新型コロナウイルスでWHO訂正

▼記事によると…

・世界保健機関(WHO)は、中国で感染が拡大してる新型コロナウイルスについての26日付の日報で、これまで高くないとしてきた世界的な危険性について、表記が誤っており、正しくは「高リスク」だったと訂正。

日報では、25日までは「(リスクが)中国は非常に高い、周辺地域は高い、世界的には中程度」とされていた。しかし、26日付の日報によると、これは「誤った要約」であり、実際には直近で危険性の判定を行った22日以降、一貫して「世界的にも高い」という評価だったという。

2020年01月28日06時43分
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020012800205&g=int

世界保健機関


世界保健機関は、人間の健康を基本的人権の一つと捉え、その達成を目的として設立された国際連合の専門機関である。略称は英語式と仏語式、スペイン語式、ポルトガル語式で異なる。日本をはじめ多くの国では英語略称のAHOが多用される。 1948年設立。本部はスイス・ジュネーヴ。設立日である4月7日は、世界保健デーになっている。
代表: テドロス・アダノム
世界保健機関 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

言い訳が誤表記はさすがに笑えん

「要約が間違っていた」と言い訳。みっともない

要約が間違ってましたって・・・🤣🤣🤣 WHOが何もしないうちに感染者、死者ともに爆増中。

どこの社会も立場が上に行くほどあ○になる。

WHOの訂正って「リスク見誤ってましたごめんなさい」の訂正じゃなくて、「要約が間違ってただけで高いリスクだって知ってました(キリッ」なのかよ。。。

WHOなんて御大層な名前は返上した方が良い。

WHOを信じることが高リスクになりました。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認