【新型肺炎】北京でも初の死者 中国政府の強硬措置で対応

▼記事によると…

・中国国務院(政府)は27日、30日までの春節(旧正月)の休暇を2月2日まで延長するとの通知を発表した。

・新型肺炎の発症者数の増加ペースはここ数日で加速。中国共産党機関紙、人民日報(電子版)によると、28日未明までに発症者は中国本土で2838人、うち死者は82人。北京市内でも男性1人が死亡した。北京での死者は初めて。感染の疑いがある事例は5794人に急増し、発症者は今後も増えるとみられる。

2020.1.28 01:10
https://www.sankei.com/world/news/200128/wor2001280004-n1.html
>>『産経新聞』のご購読お申し込みはこちら

コロナウイルス


コロナウイルスは、一本鎖RNAウイルスのニドウイルス目のコロナウイルス科のウイルスをさし、コロナウイルス亜科、トロウイルス亜科を含む。 エンベロープ表面に存在する突起によって太陽のコロナのような外観を持つことからこの名が付いた。 ウイルスの増殖は細胞質内で行われ、小胞体やゴルジ装置から出芽する。
コロナウイルス - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

あと4か月以上も続く可能性があるのか…。中国で流通制限が行われれば、経済的影響もかなり大きいものとなるが・・・。

記事では今後、北京上海広州重慶で急増、4、5月がピークと香港の専門家が予測していますが、上記4都市に武漢を入れれば人口は1億人もいます。差別になるという考え方もわかりますが、今後日本人も含めて中国からの入国に対してどう対応するのか、早急に対策と準備を進めて欲しいと思います。

強硬措置と聞いてラクーンシティー思い出す

我が国はすべての国民が中華人民共和国の危険性(カントリーリスク)を改めて強く認識する必要がある。特に政界・経済界・言論界・教育界の指導者に強く要望したい。

新型コロナウイルスは、かなり前から中国共産党の手にはおえなくなっている。国際的な医療団が対応しないと被害の拡大は止まらないだろう。

なお日本は現在進行形で中国人を続々と際限なく入国させてる模様

日本国内で日本国民がヒトヒト感染するのは時間の問題。一例も出ません…などということはなかろう。日本政府が情報を出し渋ることのないよう願っている。

みんなのコメント

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認