どうして日本ではこれだけ海鮮を食べるのに、ほとんど食中毒が出ないのか=中国メディア

▼記事によると…

・中国メディア・今日頭条は25日、「日本人は海鮮が好きなのにどうして衛生上の問題が起こらないのか」とする記事を掲載。

記事は、海産物を好んで食べる人が多い日本において、食中毒などの問題がほとんど発生しない理由について「彼らの細かい部分への配慮がある」としたうえで、3つの面から説明。

・衛生面での「穴」を可能な限りふさいだうえで、行政がさらに厳しく監督管理を行い、違反した場合には法的にも社会的にも厳しいペナルティが課せられるからこそ、日本では「生もの」をたくさん扱っていても食中毒などの衛生にかかわる大きな問題が起きにくい状況が確保されているのだと評している。

2020-01-27 11:12
http://news.searchina.net/id/1686348?page=1

食中毒の原因と種類


食中毒とは、食中毒を起こすもととなる細菌(さいきん)やウイルス、有毒な物質がついた食べ物を食べることによって、げりや腹痛、発熱、はきけなどの症状(しょうじょう)が出る病気のことです。食中毒の原因によって、病気の症状や食べてから病気になるまでの時間はさまざまです。時には命にもかかわるとてもこわい病気です。
食中毒(しょくちゅうどく)の原因と種類 - 農林水産省

▼ネット上のコメント

衛生管理が違いすぎる

そこそこ出てると思うよ

これは素直に喜ぼう。だからバイトテロが食品を雑に扱うのは、厳しく指弾されねばならない。

アニキサスとか、他にも色々結構食中毒は起きてるイメージだけど…

日本で食中毒出したら営業停止。信用が無くなり倒産だから食中毒出さない努力をする

結構、牡蠣とか当たっているぞ。

逆でしょ?食中毒が起きないように生鮮食品を管理しているからこそ、安心して食べることができているのでは?頻繁に食中毒でも起きてたら、法規制で提供禁止になるよ。

生食はリスクあるわな。当り引いたことないけど。

隠蔽されてるだけだろ

信用が第一の国と金儲けのためなら何をしても構わない国の違いだろう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認