茂木大臣のフェイスブックより

本日21時から、中国の王毅国務委員と新型コロナウイルス感染症への対応について電話会談を行いました。

私からは、感染症の拡大防止について日本として協力できることがあれば全面的に支援したい旨、また、邦人の安全確保及び帰国を希望する邦人全員の帰国に対する支援をお願いしたい旨述べました。

これに対し、王毅国務委員からは、私が本件に関して電話会談を行う最初の外相である、日本の協力の申し入れに感謝するとの発言がありました。

また、邦人の安全確保及び早期の帰国に向けた日本の考え方について理解を得、引き続き中国政府と調整を行うことで一致しました。

茂木敏充 プロフィール


茂木 敏充は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員、外務大臣 、自民党栃木県連会長、竹下派会長代行。 内閣府特命担当大臣、経済再生担当大臣、第2次安倍内閣において経済産業大臣、内閣府特命担当大臣を担ったほか、福田康夫改造内閣で内閣府特命担当大臣、第1次小泉第2次改造内閣・第2次小泉内閣で内閣府特命担当大臣を歴任。
生年月日: 1955年10月7日 (年齢 64歳)
茂木敏充 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

邦人を連れ帰るのは当然として、帰国した後はどうされるのですか?検疫するか一定期間隔離するか、なんらかの策は実行されるべきで、彼らの人権に配慮すべきではないと思います。まあ春節の中国人が既に大量に来訪していますので、2月に日本でのパンデミックが起こらないことは祈るしかありませんが。

危機管理を!対応遅い!って言ってる人に限って、水際で食い止めるため、いざ、体調不良の自己申告から、全員検査に切り替えれば、「人権無視」だの「強権発動」だの「安倍ファッショ」なんて言い始めるんだから。困ったもんだよホントに。

遅かれしかも知れないが、今すぐに中国からの旅行者の入国禁止措置を取るべきです。日本国は危機管理が甘過ぎるとしか言い様がない。

中国はとにかく迷惑かけまくりの国だ このウイルスが終息するまでは、国交断絶もやむおえないでしょう

武漢は病院も医者も不足している、全員日本に戻して数週間隔離しないと、確実に死者が出る。武漢の病院では、感染して死んだ人が廊下にほって置かれている、病院に行ったら確実に院内感染する。

国益重視、日本ファーストで。

日本にとって最善の対策をお願いします。どうかお疲れの出ませんように

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事