香港 新型ウイルス「検疫施設」開設に住民が抗議、火炎瓶で放火

▼記事によると…

・新型コロナウイルスへの対策に追われる香港で26日夜、感染が疑われる人を隔離して検疫を行う臨時施設として未入居の公営住宅を使用する政府計画に対し、反対する地元住民らが建物に火炎瓶で放火するなどして抗議する騒ぎがあった。

香港でもこれまでに6人の感染者が確認されている新型ウイルスは、2003年に香港で300人近い死者を出した重症急性呼吸器症候群(SARS)ウイルスに類似している。

林鄭月娥(キャリー・ラム、Carrie Lam)行政長官の危機対応を非難する声は日に日に高まり、本土との境界封鎖を求める医療専門家や政治家もいる。

・香港衛生防護センター(CHP)は、この公営住宅を検疫施設として使用する計画の中止を発表した。

2020年1月27日 11:09
https://www.afpbb.com/articles/-/3265279

検疫


検疫とは、港湾や空港にて、海外から持ち込まれた、もしくは海外へ持ち出す動物・植物・食品などが、病原体や有害物質に汚染されていないかどうかを確認すること。 またこれに例えて、コンピュータウイルス対策ソフトでシステムがウイルスに感染していないか、不正に侵入された形跡はないか確認することも「検疫」と呼ぶことがある。
検疫 - Wikipedia

林鄭月娥 プロフィール


林鄭 月娥は、中国香港の政治家。政務司司長、開発局長を歴任。現在、第4代中華人民共和国香港特別行政区行政長官を務める。キリスト教徒。元の名は「鄭 月娥」で、現在の名は結婚後に夫の姓「林」を冠したものである。
生年月日: 1957年5月13日 (年齢 62歳)
林鄭月娥 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

暴徒化

検疫施設がないと困ると思うんだけど…なぜ放火?

香港では中国式にはいかないということだな。

放火は良くないと思うんですけど、人心も荒れてますよね。

こういうのって素直に協力した方が早く済むのになぁ

軽いパニック状態だなw

肯定できる行動ではないが住人の気持ちは分かる。

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事