立憲民主党・辻元清美幹事長代行「産経読者に愛される『ニュー辻元』に」ジェンダーなど強く発信

▼記事によると…

・今年の目標は2つです。1つは世界を変えるために自分を変えること、もう1つは政治家としては国民や若手議員に頼られるような姉御(あねご)を目指します。

私の初当選は平成8年10月の衆院選で、36歳のときでした。そのときに比べて今の政治は良くなっていません。むしろ悪い方向に進んでいます。

当時は自民党、社民党、新党さきがけが連立する第2次橋本龍太郎政権で、そこから私の政治家人生がスタートしました。自民党と与党として仕事をしていました。当時の幹部は野中広務さんら戦争を知る世代の方が多く、政治家として重みがありました。

2020.1.24(有料会員記事)
https://special.sankei.com/a/politics/article/20200124/0002.html
>>『産経新聞』のご購読お申し込みはこちら

辻元清美 プロフィール


辻元 清美は、日本の政治家。立憲民主党所属の衆議院議員、立憲民主党幹事長代行兼団体交流委員長、同大阪府連合代表。立憲フォーラム幹事長、NPO議員連盟幹事長、児童擁護議員連盟会長。
生年月日: 1960年4月28日 (年齢 59歳)
辻元清美 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

何を蓄積したのやら?

悪いことばっかりやってきて、今更、天国にはいけませんよ。

その前に東北大震災の義援金の担当責任者だった君に問いたい 説明責任を果たしていない上、明確な収支報告も有耶無耶だが‼️

最近、存在感ないけど。 生コン関係で隠れてるのか?

皇室は生理的にダメ!と言う人間が⁉️

正々堂々とした 嘘つき🤣

これいい加減なんとかならんの?😭

みんなのコメント

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事