自らひび直し増殖する「生きたコンクリート」、米科学者らが開発

▼記事によると…

・ひびが入っても自ら修復し、さらには新たな塊を産み出すこともできる「生きたコンクリート」が開発された。砂とバクテリアから作ったもので、荷重を支える構造物としての役割を果たすとともに、再生といった生物としての機能も併せ持つ。

開発したのは、米コロラド大学ボルダー校の研究チーム。論文の首席著者で生物素材研究室を率いるウィル・シュルーバー博士は「フランケンシュタインのような素材だ」と話す。「まさにそのような素材を開発しようとしている。生き続けるものだ。光合成するシアノバクテリア(ラン藻)を使って骨組みに生体鉱物形成作用を引き起こすので、とても環境に優しい」

・「親」となる1個のブロックがあれば3世代後には8個まで増殖できるという。

1/23(木) 10:45配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200123-00010000-clc_teleg-int

コロラド大学ボルダー校


コロラド大学ボルダー校は、米国コロラド州ボルダー市に本部を置くアメリカ合衆国の州立大学である。1876年に設置された。
コロラド大学ボルダー校 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

ひと昔前ならコンクリのパニック映画ができそう。

しかし凄い技術なのね。将来永遠に増殖し続けるコンクリートも出来る可能性すらあるじゃん。辻元清美に教えなきゃ‼️

SCPに収容されてそう

世界がコンクリートブロックに征服される日は近い♪

いやどういうことw

ちょっと何言ってるかわからない🙃

これ放置したら世界がコンクリで沈んでしまう

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事