コロナウイルスと闘う医師が伝える武漢の惨状

▼記事によると…

・「直ちに武漢全体を閉鎖すべき」

それから、病院による「発症数の隠蔽」はないとしても、「微信」(WeChat)や「微博」(中国版Twitter)などの市民の書き込みへの「封鎖」は、猛威を振るうだろう。中国当局としては、「延べ30億人の民族大移動」が起こるこの2週間に、中国国内で混乱が起こることは避けたいからだ。

というわけで、インターネットやSNS上に、コロナウイルスの情報を個人がアップするたびに、それが「消去される」というイタチごっこが続いている。

21日には、武漢市の医師が、次のような意味深のメッセージをアップさせた。

<私は現在、もう2週間も残業づけの日々を送っている。昨日からようやく、世論は少し緊張しだした。だがわれわれが了解している状況は、一般の人々が最悪の事態と考えているものよりも、さらに深刻なのだ。

鐘南山院士はメディアで、比較的穏当に述べた(1月20日に、かつてSARSと戦った元広州病院長の国家衛生健康委員会・鐘南山院士、84歳が、中央広播電視総体のインタビューに答えた)。だが彼は、武漢に視察に来た後、『直ちに武漢全体を封鎖すべきだ』という意見を述べたのだ。この意見を国務院は否決してしまった。

2020.1.22(水)
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/59069?page=3

中華人民共和国


中国は広大な草原、砂漠、山、湖、川、14,000 km を超える海岸線を擁する人口の多い東アジアの国です。首都の北京は、複数の建物からなる紫禁城や、天安門広場などの史跡が近代建築と融合した街です。超高層ビルが林立する上海は、国際的な金融センターです。中国北部には、有名な城壁である万里の長城が東西に長く伸びています。
中華人民共和国 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

アメリカが羨ましいです。日本は中国に気をつかっているのでしょうか。日本も、日本ファーストで国民を守ってほしです。

「桜」よりもコロナウイルスを国会で議論してほしいです。

日本政府の対応の遅さは本当に致命的で、ため息が出ます。

もうおそいかも、政府からの発言出てないし。

武官市民の入国禁止ぐらいしないと 取り返しのつかない事になりそう。

インターネット税を課す発表は早いのに、国民の安全は遅い。

入国禁止措置をお願いします🙏

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事