菅官房長官、海自の中東派遣「韓国と連携も」

▼記事によると…

・菅義偉官房長官は22日の記者会見で、韓国が中東のホルムズ海峡周辺へ海軍部隊を派遣すると決定したのを受け、日韓が中東対応で連携する可能性に言及した。

海上自衛隊の中東派遣を踏まえ「目的を共有する国と必要に応じて連携や意思疎通を行うことは極めて重要だ。韓国の取り組みを注視していきたい」と述べた。

2020.1.22 13:56
https://www.sankei.com/politics/news/200122/plt2001220012-n1.html
>>『産経新聞』のご購読お申し込みはこちら

菅義偉 プロフィール


菅義偉は、日本の政治家である。自由民主党所属の衆議院議員であり、内閣官房長官、沖縄基地負担軽減担当大臣、拉致問題担当大臣である。 横浜市会議員、総務副大臣、総務大臣、内閣府特命担当大臣、郵政民営化担当大臣、自民党幹事長代行などを歴任した。
生年月日: 1948年12月6日 (年齢 71歳)
菅義偉 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

正気とは思えない。

連携するにしても不安要素が多すぎる。

連携しない方が日本の為になると思う。照射事件忘れてないか?

また旭日旗に難癖つける気だろ

レーダー照射問題が未解決のままであることを官房長官は認識しているのか?そのままでは我が国自衛隊の安全が脅かされる状態になる。間違ったシグナルを韓国に送っているだけだ。

自衛隊の人達の気持ちを無視してぐだぐだな対応を続けるのはいい加減にしてくれ。

本来は必要なこと。韓国側の対応次第になるけど。

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認