女子高生死亡事故で男性に無罪 徳島地裁「過失なし」

▼記事によると…

・2018年8月に徳島県松茂町の国道11号交差点で、赤信号を自転車で横断しようとした女子高生が車にはねられ死亡する事故があり、徳島地裁は22日、自動車運転処罰法違反(過失致死)の罪に問われた乗用車の男性(49)に「過失を認めることはできない」として無罪判決を言い渡した。

・佐藤洋介裁判官
「自転車が赤に従って横断を差し控えるものと期待、信頼するのが通常」
「前照灯の光や反射板を踏まえても、自転車の存在を予見できたか疑いが残る」

2020年1月22日 13時40分
https://news.livedoor.com/article/detail/17700646/

自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律


自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律は、それまで刑法に規定されていた自動車の運転により人を死傷させる行為に対する刑罰の規定を独立させた、日本の法律である。略称は自動車運転処罰法または自動車運転死傷行為処罰法。
自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

夜か。なら当然。

赤信号みんなで渡れば怖いから渡るな 運転手からの切実な頼みだ

最初から無罪でいいでしょ

まともな判決でたね、こりゃニュースになるわ。今まではかなり車側に不利な判決が多かったイメージしかないからちょっとびっくりした。

こんなまともな裁判久々に見たなぁ!!!!!!!

久しぶりに判決に納得した

こういう裁判官が増えて欲しい、当たり前のことを当たり前に判決できる。最近は歩行者、自転車共に傍若無人な行動が目につく…車は止まって当たり前のような。

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認