紹介した移住男性、既に県外に転居 首相の施政方針演説

▼記事によると…

・安倍晋三首相が20日の施政方針演説で、東京都から江津市に移住した男性の実名を挙げたうえで、若者の起業を促した結果、市への転入者が転出者を上回る社会増が実現していると説明。「地方に飛び込む若者を力強く応援してまいります」などと語っていた。

・市によると、男性は2016年に移住し、同年に市が地方創生交付金を使って主催したビジネスプランコンテストで大賞を受賞。その賞金を起業資金として、知人の男性と農業法人を設立し、パクチーやクレソンなどの水耕栽培に取り組んでいた。

しかし昨年12月に県外に転居した。個人的な理由という。

2020年1月21日 23時21分
https://www.asahi.com/articles/ASN1P7DXFN1PPTIB009.html?iref=comtop_list_pol_n01
>>『朝日新聞』のご購読お申し込みはこちら

安倍晋三 プロフィール


安倍 晋三は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員、第90代・第96代・第97代・第98代内閣総理大臣、第21代・第25代自由民主党総裁。自由民主党幹事長、内閣官房長官等を歴任した。 内閣総理大臣としての通算の在職期間は歴代最長。
生年月日: 1954年9月21日 (年齢 65歳)
安倍晋三 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

地方は消費税下げたらいいんじゃね?

原稿つくった人が裏をとらなかったのか、知ってたけどいい感じに使ったのか…。

実名まで出すなら本人に確認したりすべきだろ。こういう適当さが今の日本らしいな

施政方針演説するならもっときちんと調査してからにして欲しいです

助成金をもらいながら、数年滞在して移住を繰り返す人がいるというのは耳にしたことがあります。

「現在住んでいなくても一時は居住してたことは事実なので問題ない」閣議決定に100ガバス。

移住させるのはできるけど、定住させるのが本当に難しいのよね。

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認