東日本大震災の政府主催追悼式、来年で最後の方針

▼記事によると…

・菅義偉官房長官は21日午前の閣議後会見で、政府主催の東日本大震災追悼式について、発生から10年を迎える来年の2021年までとする方針を明らかにした。

22年以降の式典については、具体的な説明は避け、時々の事情を勘案しながら決めるとした。

2020年1月21日 13時12分
https://news.livedoor.com/article/detail/17694814/

東日本大震災


東日本大震災(ひがしにほんだいしんさい)は、2011年(平成23年)3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震およびこれに伴う福島第一原子力発電所事故による災害である。東日本各地に大きな揺れを引き起こし、大規模な地震災害であることから大震災と呼称される。
東日本大震災 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

風化するわけないだろ…

来年で10年。あくまで節目。「風化してしまうかも。」の声があるのも理解できる。思うに、その役目が国じゃなくて自分達自身になったんじゃないかな。過去の出来事だから、当然風化はしてしまう。けど、あの日のことは忘れちゃいけない。語り継いでいかなくちゃ。それが、「知っている世代」の使命。

福島県民だけど、一般市民にはなんら関係ない話だし。震災時もおにぎり1個ももらえなかったし。上級国民と乞食層がさわいでるだけだな。地場ではろうそくともしたり、みたくもないダンスして風化させるなとかバカげてる。

嫌なことを思い出す人もいますものね。。それも選択肢ですよね。

これで意図的に風化させようとしてる!!とか怒ってる人は筋違い。

式典が無いと、風化する そういう奴が風化させていく。

そっか、もう少しで10年になるのか……区切りとしてはいいのかもしれないなぁ

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事