5G全国整備へ新制度 光回線維持で負担金

▼記事によると…

・総務省は、次世代通信規格「5G」の基盤となる光ファイバー回線を全国的に維持する負担金制度をつくる。

どこでも高速インターネットの環境を整備するためで、2024年にも携帯電話を含むネット利用者から広く薄く徴収し始める。

不採算地域で光回線を持つ事業者に資金を交付し、回線の補修や更新に充てる。

米英などはすでに高速ネットを不可欠なサービスに位置づけており、日本も制度化する。

2020/1/20 18:00
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO54599810Q0A120C2SHA000/
>>『日本経済新聞』のご購読お申し込みはこちら

5Gとは?


「5G」とは第五世代移動通信システムの略称で、携帯電話などの通信に用いられる次世代通信規格のひとつです。Gとは「Generation」の頭文字をとったものであり、5世代目であることを表しています。
5Gとは? - KDDI IoTポータル

twitterの反応

▼ネット上のコメント

設備投資するんだから金かかるのはわかるけども

5G網整備に対する動きは大賛成。ただ、確実に不要という地域もあるだろうからそこは優先度をつけて整備していってほしい。

ユニバーサルサービスには反対。すでに人口減なのでメリハリを付け、都市部を中心にインフラ整備するようにしてよ。過剰な負担が起きないようにして欲しいな。

なんでも税金取ってるけど、政治家たちの高すぎる給料まずはどうにかしようよ。

ネット利用者から金取るってよ。なんなのこれ。ネット利用料には既に税金かかってんのに、こんな屁理屈でまた金むしり取られる

>携帯電話を含むネット利用者から広く薄く徴収
電話回線のユニバーサル料も徴取した上で、光回線の維持費まで支払いさせるのかよ…。

別に必要な金は払ってもいいと思う。ただ他に無駄なもんが多いよ

みんなのコメント

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事