安倍首相、韓国「最も重要な隣国」との文言3年ぶり復活=施政方針演説

▼記事によると…

・第201回国会(通常国会)が20日召集され、安倍晋三首相は同日午後、衆院で施政方針演説を行い、憲法改正に改めて意欲を示すとともに、全世代型社会保障改革に関して先送りをしない決意を表明した。

外交では、韓国について「最も重要な隣国」との表現を3年ぶりに復活させた。

関係改善の意思を示した可能性がある。一方、昨年10月の所信表明演説で触れていた中国の習近平主席の国賓としての来日や、沖縄県普天間基地返還・辺野古移設に関する文言は削られた。

2020年1月20日 / 14:20
https://jp.reuters.com/article/abe-idJPKBN1ZJ0D8

動画を見る

安倍晋三 プロフィール


安倍 晋三は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員、第90代・第96代・第97代・第98代内閣総理大臣、第21代・第25代自由民主党総裁。自由民主党幹事長、内閣官房長官を歴任した。
生年月日:1954年9月21日 (年齢 65歳)
安倍晋三 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

重要国が復活って書いてたのはやっぱり切り取りだったな😆

人間として当たり前の事を言っておられますね。

改善できなければ今後不要。

今後、改善されていくと予想。

約束を破ってるダメなヤツでも、重要国には変わりないよ。

無理でしょうね、多分。

韓国は元来、最も重要な隣国。「であらばこそ国と国との約束を守り未来志向の良好関係を築き上げることを切に望む」 「」内はNHKを始めとするメディアのカット部分だな

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認