共産が「中国批判」の綱領改定を採択 党大会最終日

▼記事によると…

・共産党は18日、静岡県熱海市での第28回党大会で、現在の「2004年綱領」の一部改定や野党連合政権の樹立を目指す大会決議を採択した。

綱領改定では「大国主義・覇権主義が強まっている」と、中国を批判する内容を盛り込んだ。同一視されがちな中国共産党との違いをアピールする狙いがある。志位和夫委員長は中国による東シナ海や南シナ海への海洋進出を念頭に「中国指導部の誤りは極めて深刻だ。その行動は共産党の名に値しない」と厳しく非難した。また、原発ゼロや、ジェンダー平等社会の実現を目指す方針を初めて明記した。

2020.1.18 12:07
https://www.sankei.com/politics/news/200118/plt2001180003-n1.html
>>『産経新聞』のご購読お申し込みはこちら

日本共産党


日本共産党は、日本の政党。日本政治において最も長く同じ党名を使い、また最古の歴史を持つ政党である。
日本共産党 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

だからって共産党のイメージは変わらないけどな。

そもそも日本に共産主義を掲げた政党があることがおかしいと思う。

これで友達もいなくなった。

活動家を見る限り、暴力的だし、公安警察の監視団体には変わりない。建て前にしか聞こえん。

内輪揉め?

日本人民共和国はどうなる?🤣💦

これで共産党の支持率が伸びるなら色々終わってる

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認