伊方原発3号機 運転認めない仮処分決定 広島高裁

▼記事によると…

・愛媛県にある伊方原子力発電所3号機について広島高等裁判所は、地震や火山の噴火によって住民の生命や身体に具体的な危険があるとして、運転を認めない仮処分の決定を出した。

現在は定期検査のため停止中ですが、検査が終了する4月以降も運転できない状態が続く見通しに。

伊方原発3号機が司法判断で運転できなくなるのは平成29年以来、2度目。

2020年1月17日 18時02分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200117/k10012249231000.html

伊方発電所


伊方発電所は、愛媛県西宇和郡伊方町に所在し、四国電力が所有している日本の原子力発電所。伊方原子力発電所、伊方原発とも呼ばれる。本記事では、以下「伊方原発」と表記する。
伊方発電所 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

当たり前だろう 再稼働なんてあり得ない

代替のエネルギーはどうするんでしょうかねえ

で、上がった電気料金を負担するのは四国の電力使用者なんだよなぁ。

数万年に一度の阿蘇山(130㎞離れた)の巨大噴火の影響とか言い出した、そもそも人も住めないだろwww

次の判決はひっくり返る事に100票w

料金上がっても生活に困らん人はいいよねえ

電気代上がるのかなあ。辛いなあ

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事