自殺者、2万人下回る 19年速報値1万9959人 統計開始以来初

▼記事によると…

・厚生労働省は17日、2019年の自殺者数(速報値)が1万9959人(前年比881人減)だったと発表した。減少は10年連続で、2万人を下回るのは1978年の統計開始以来初めて。人口10万人当たりの自殺者数(自殺死亡率)も15.8で、過去最少。

ただ、3月に公表される確定値で、死因が「自殺」と判明した人の数がこれに加わるため、最終的に2万人を超す可能性もある。

1/17(金) 10:04配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200117-00000012-mai-soci

厚生労働省


厚生労働省は、日本の行政機関のひとつ。健康、医療、子ども、子育て、福祉、介護、雇用、労働、年金に関する行政並びに復員、戦没者遺族等の援護、旧陸軍・海軍の残務整理を所管する。日本語略称は厚労省。 2001年1月の中央省庁再編により、厚生省と労働省を廃止、統合して誕生した。予算規模は中央省庁の中で最大である。
厚生労働省 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

まーたデータ偽装したのか?w

マスコミ『若者の自殺離れ。何故?!』

まだ全然調べてない。未発見の自殺もあるので前年と変わらないよ。コレからまた増えるだろ

それでも多いと思う。数値だけで考えるのは危険。国全体でどうしたら0になるか真面目に考えられないかなあ?上級国民はそんな事考えるのは嫌か。

あと41人なんて二万いったようなもんだろ

自殺の定義が今までと変わっていて変死が増えてる この不景気で自殺者増えない訳が無い

まだ多い数です。死なせない取り組みや政策をお願い致します。自殺も個人の問題ではなく社会の問題としてとらえて何か方法を。

みんなのコメント

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認