仏大統領、ゴーン被告勾留条件「安倍首相に不満伝えた」

▼記事によると…

・フランスのマクロン大統領は15日、日産自動車元会長のカルロス・ゴーン被告が日本で勾留されていた時の環境について、安倍晋三首相に複数回「満足できない」と不満を伝えていたと明らかにした。国際的に日本の刑事司法制度への厳しい見方が出るなか、マクロン氏も批判的な見方をしていたことが明らかになった。

マクロン氏は記者会見で「安倍氏に対して複数回、ゴーン元会長の勾留や聴取の条件が満足がいくようにはみえないと伝えた」と語った。

2020/1/16 6:52
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO54444600W0A110C2000000/
>>『日本経済新聞』のご購読お申し込みはこちら

エマニュエル・マクロン


エマニュエル・ジャン=ミシェル・フレデリック・マクロンは、フランスの政治家。第25代フランス大統領、アンドラ公国共同大公。
生年月日: 1977年12月21日 (年齢 41歳)
エマニュエル・マクロン - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

日本国民の大半はゴーンの問題とか忘れてそう

フランスごときがよく言うよ

なんやこいつ 内政干渉してきとんか

確かにそうなんだけど万年炎上野郎マクロンに言われるとムカつく

なんでゴーンの罪を問うのにゴーンを満足させなきゃいけないんや?

フランスらしい内政干渉やね。

結果、日本の方が犯罪率低く治安もイイのかと…

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事