生活保護の男性が訴える「ストーブ禁止」は違憲 札幌市は争う姿勢 

▼記事によると…

・北海道の冬に欠かせない、ストーブ。

そのストーブの買い替え費用が生活保護費で認められないのは、憲法違反だ…札幌の50代の男性が市に支給するよう求めた裁判の初弁論がありました。
市は争う姿勢を示しました。

札幌市白石区に住む50代の男性です。男性は心筋梗塞や狭心症などを患い、仕事を続けられなくなったため2013年から生活保護を受けています。

・2017年12月、18年間つかっていた石油ポータブルストーブが油漏れを起こし故障。札幌市に買い替えの費用を申請しましたが認められませんでした。男性は生活費を切り詰めてストーブを購入しますが灯油代が払えず、温度を10度ほどに抑え、ダウンジャケットを着て寒さに耐え忍んでいたといいます。

(男性)「このまま発作が起きて死んじゃうのかなという想像もあった/暖房は人間らしい生活にとって絶対に必要なものだと訴えたいです」

ストーブがない生活は憲法で定められた「健康で文化的な最低限度の生活」といえるのか…。
次回の裁判は4月20日の予定です。

1/15(水) 17:57配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200115-00000007-hbcv-hok

生活保護


生活保護は、経済的に困窮する国民に対して、国や自治体が、健康で文化的な最低限度の生活を保障する公的扶助制度である。
生活保護 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

札幌市これ争うのかよ…

胡散臭いなあ 裁判費用がどれだけなのか 分からないけど そんな費用有るなら 安いストーブなんて買えるだろ💁‍♂️

禁止理由は何なんだろう…。

これは普通に殺人行為。

詳細が分からないが、厚労省はエアコンの新規購入費5万円を認めている。札幌が争う意味がよく分からないが負けるだろう。

行政が、下級国民に「死ね」という時代、それを裁判で正当化しようという国になったわけだ。。

裁判の費用よりも ストーブ代のほうが安いのでは?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事