自転車に安全マークが付いていないものも Amazonで買うべきではない製品

▼記事によると…

・Amazonは我々現代人の生活を一変させてしまった。家にいながらにして、様々なものを買うことができる現代。しかし、中にはAmazon等ネット通販での購入は避けるべきものもある。ネットを介した取引だから、カスタマーが購入前の商品を直接手に取ることはできない。即ち、事前にその商品の安全性を確認できないということでもある。この記事では「Amazonで購入するべきでない製品」というテーマで、それぞれ解説していこう。

◆自転車…「安全マーク」が付いていない商品も

◆モバイルバッテリー…国の安全基準を満たしていない製品に注意

◆トランシーバー…使用したら法律違反で検挙される可能性も

2020年1月14日 8時30分
https://news.livedoor.com/article/detail/17660212/

Amazon


Amazon.com, Inc.は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Databaseなどを保有している。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、GAFA、またFAANGのひとつである。
創立者: ジェフ・ベゾス
Amazon.com - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

安いから失敗してもいい

基本爆発してまずいものはケチらずいいものを買ったほうがいいという持論

モバイルバッテリーAmaのやすもの4000円だけど3年使ってるが国産バッテリーの2万の奴より持ちいいぞ。日本人はサムスン爆発とか言ってるがサムスン製のバッテリーセルが日本の有名メーカーマキタとかも使ってるし用は選び方だろ。Amazonの中華性だからダメとかそいつの買い物が下手なだけ

中国製が悪いんじゃなくて、中国製には怪しい企業が多いのが悪い。中にはちゃんとした企業もある

サクラチェッカーなんて一時期話題になっただけであんまり意味無いからな。ひとつの指標にはなるかもしれんが正直役に立たないし結局自分でよく見て判断するから使わなくなる

モバイルバッテリーは安過ぎて怪しいのは分かっているけど買うわ(´・ω・`)

いい中国製と悪い中国製があるだけの話だ

みんなのコメント

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認