【野党ウオッチ】初鹿氏の離党届受理 立民の「二重基準」はお家芸か

▼記事によると…

・初鹿氏は同月17日、記者団に、今回の強制わいせつ容疑について「現在進行中の案件であり、お答えは差し控えたい。いずれにしても捜査当局に対して全面的に協力している。判断は捜査当局に委ねたい」と述べるにとどめた。その後、初鹿氏は党に離党届を提出。

立民の福山哲郎幹事長は同月24日の記者会見で、離党届を受理した理由について「嫌疑を持たれたことは甚だ遺憾であり、おわび申し上げたい。本人から離党届が出たので、速やかに処理させていただいた」と述べた。記者団から「起訴されたら『除名』にするのか」と問われると、福山氏は「捜査当局の判断を待っているときに、仮の話をしたら予断を与える」と慎重な言い回しに終始した。

・立民は昨年の参院選でジェンダー平等や性暴力の根絶などを政策の柱として訴え、女性候補も積極的に擁立した。今後も、こうした政策に力点を置く姿勢は「全く変わらない」(福山氏)という。

ただ、初鹿氏への対応には、立民の女性議員から「女性をバカにした話だ」との声があがるほか、党関係者からも「きちんと処分しなければ、有権者から『立民が掲げる性犯罪被害者への救済など嘘じゃないか』と批判される」といった恨み節も出始めている。

2020.1.16 07:00
https://www.sankei.com/premium/news/200116/prm2001160008-n1.html
>>『産経新聞』のご購読お申し込みはこちら

初鹿明博 プロフィール


初鹿 明博は、日本の政治家。衆議院議員、一般社団法人地域福祉推進機構代表理事。 民進党青年局長、東京都議会議員等を務めた。
生年月日: 1969年4月15日 (年齢 50歳)
初鹿明博 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

説明責任どこいった。

マスコミはもっともっとこの件を立民に投げかけるべき

与党の不祥事は重大だが、野党の不祥事は、大したことない。それが野党とマスコミの基準です。

まず初鹿を議員辞職させてから、河井夫妻議員の議員辞職を求めろとは思う。

結局国民との合流話もこういう不祥事をうやむやにするため。新進党以後ずっと奴らはこの繰り返し。合流に大義などない。

有権者を舐めてはいけない!

こんなことやってるから立憲は信用出来ない💢

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認