来年は首相として訪米? 河野氏、講演で笑い誘う

▼記事によると…

・河野太郎防衛相は14日(日本時間15日)、米ワシントンのシンクタンクで講演した際、「去年は外相、今年は防衛相としてワシントンに来た。来年は首相としてかもしれない」と述べ、会場の笑いを誘う一幕があった。

河野氏は自民党総裁選への出馬経験があり、次期総裁選への対応についても「名乗りを上げたい」と発言するなど意欲を示している。

講演後の質疑では、外相と防衛相のどちらが面白いかと尋ねられ「防衛相は(担当する防衛省の)予算が大きい。だが頭が痛いことも多い」と語った。

2020.1.15 10:24
https://www.sankei.com/politics/news/200115/plt2001150010-n1.html
>>『産経新聞』のご購読お申し込みはこちら

河野太郎 プロフィール


河野 太郎は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員、防衛大臣。 外務大臣、国家公安委員会委員長、内閣府特命担当大臣、自由民主党行政改革推進本部長、自由民主党幹事長代理、法務副大臣、総務大臣政務官、衆議院決算行政監視委員長・外務委員長等を歴任した。
生年月日: 1963年1月10日 (年齢 57歳)
河野太郎 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

実力と人気を兼ね備えてる

河野太郎さんが首相なら、私は支持する。自民党も人がいるようで人材は少ない。

気に入らないコメントをするやつはかたっぱしからブロックくるこいつが首相だなんてありえない。

ありだな。しかし防衛大臣をやって頂きたい気持ちもあるな🤔

河野防衛大臣になって尖閣諸島周辺に入りづらくなったと中国に思わせるような対応を河野大臣に期待したい。

いいね。冗談抜きに河野さんで行こうよ。

そう言う、余裕がいいですねぇ👍いづれ、総理なるチャンスが来ますよ👌

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認