明石市長また暴言 市議に「議員辞めてまえ」 新年会で口論

▼記事によると…

・兵庫県明石市の泉房穂市長(56)が市内で開かれた新年会の席上で、市政運営を巡り口論になった明石市会議員に「もう議員辞めてまえ」と暴言を浴びせていたことが14日、関係者への取材で分かった。

泉市長は「はっきりとは覚えていないが感情的になってしまい、不適切だった」と発言を認めた。

市議にはその場で謝罪し、発言を撤回したという。

1/15(水) 5:30
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200115-00000001-kobenext-soci

泉房穂 プロフィール


泉 房穂は、日本の政治家、弁護士、社会福祉士。兵庫県明石市長。元衆議院議員。
生年月日: 1963年8月19日 (年齢 56歳)
泉房穂 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

反省すべきは反省し市政運営にあたってほしい

辞めるべきは貴方のようですね。

暴言はいただけないけど、経緯を読んでみると、自民党系市議の身勝手さが露呈してるよ。

またですか?明石市民として、うんざり( ;`Д´)

明石市民ですけど。だいたい市民は分かってますよ。本当に市民のためを想っての政策だし、熱い気持ちがあるからこそ腹を立てる。(だからと言って暴言はダメだけどね)政策は素晴らしいし、市民のために動いてくれてることを私は知ってます。とりあえず関係ない外野は黙っとれって思う。

ここだけ見てもどっちが悪いか分からん。

たとえ真っ当な事でも言い方で問題になるなぁ難しい。

みんなのコメント

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認