国民 玉木代表 “党名「立民」以外で”

▼記事によると…

・立憲民主党との合流協議で、国民民主党の玉木代表が合流後の党名を立憲民主党以外とするよう求めたことが分かりました。

玉木氏は15日、党内に協議が難航している状況を説明し、理解を求めることにしていますが、合流を求める中堅・若手議員は速やかな決断を迫る考えで、紛糾することも予想されます。

2020年1月15日 5時30分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200115/k10012245721000.html

玉木雄一郎 プロフィール


玉木雄一郎は、日本の政治家、大蔵・財務官僚。国民民主党所属の衆議院議員、国民民主党代表。YouTuber。民主党香川県連代表・副幹事長・政策調査会副会長、民進党幹事長代理、希望の党共同代表、希望の党代表、国民党代表、国民民主党共同代表を歴任。
生年月日: 1969年5月1日 (年齢 50歳)
玉木雄一郎 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

民主党ですよね

対等合併なら党名はかえるべきだ。

党名は新しいの作ればいいけど自民みたいに個々の考え方は違うが党判断で纏まるグループにしないと長期政権奪還は出来ないと思う。100%合致なんか無い。有権者も政党全てを支持するなんてない。どっか共感できる部分を推すだけだとおもう。

この件に関しては本人たちの直接の発言以外は信用すんなって枝野さんが言ってたから…

党名を変えろの、原発ゼロ基本法の撤回だのって。こんなの枝野さんは怒鳴りつけて蹴っていい話だ。有権者をなんだと思っているって怒ってもらいたな。怒る時に怒らなきゃ。

新党名を定着させるのに、どれだけ苦労するかは国民民主党員が1番知ってるところだろうな

肝心なところで折れるつもりなら合流しても状況が悪化するだけだと思うよ

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認