青木理氏、反社会的勢力問題で疑問「政治家の方が緩くて、芸能人が断罪される社会ってどうなのか」

▼記事によると…

・14日放送のテレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜・前8時)では、2011年8月に芸能界を引退した元タレント・島田紳助さん(63)が13日、タレント・misono(35)のYouTubeチャンネル「misono ch」に“出演”したことを特集。紳助さんは引退後初の映像出演となった。

コメンテーターでジャーナリストの青木理氏(54)は「コンプライアンスとか反社会的勢力の排除という風潮がこの10年、20年で強まってきて。芸能界も例外ではなくて、紳助さんの場合でいうと、それが大きな原因となって引退を決断されたと、それで惜しむ人もいると」と紳助さんが引退を決断した理由に言及。

続けて「去年も(闇営業問題で)宮迫さんともかもかなり厳しく断罪されて、謹慎する状況に追い込まれたという風潮が正しいのかというあたりも考える。紳助さんもおっしゃった様に『芸能人ってのはそもそも痛いヤツがなるんや』って事を考えると、そんなにクレンジングしていくっていう事が芸道って世界でいいのかって事を僕個人としては感じるんですけど、社会は許さなくなって来ている」とコメント。

さらに「なのに、桜を見る会で反社会的勢力は定義できないとか言い出したり、本来厳しくあるべき政治家の方が緩くて、本来アウトローというか社会の枠外にあるような芸能の人たちが厳しく断罪されている日本社会ってどうなのかなって。また同じ問いに戻って来てしまうんですけどね」と疑問を呈していた。

1/14(火) 8:58
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200114-01140025-sph-soci

青木理 プロフィール


青木 理は、共同通信社出身の日本のジャーナリスト。TVコメンテーター。元ソウル特派員。
生年月日: 1966年 (年齢 54歳)
青木理 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

この手の話は終わりのない問題だと思う。

政治家も襟を正せ。議員辞職してやり直していただきたい。

政治家の方が問題でしょう。誰でも解っている事。日本語をねじ曲げても解釈を変える事が何とも思わない安倍一派。ヤ○ザ?反社会勢力?より悪でしょう。

それあるよねー特に立憲の議員や野党議員

こればかりは確かにそうだよな。桜を見る会の件もだが、政治家の政治資金パーティーや後援会とかの催しでも、反社会勢力は平気で参加しているだろう。本来ならしっかりと取り締まらなきゃならんのだろうが、捜査する側も忖度してしまうんだろうな。

政界に甘えが生じているとしか思えない。

大筋では正しい意見かと思う。政治家も芸能人も公人の位置付けだと私は思うので、どちらも厳しい対応が必然かと思う。

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事